アグリーブログ -ugly blog-

アグリーが気になったことを書いていきます。

お盆玉の歴史由来と相場!親や大人に朗報の生身玉とは?

Pocket

 

obondama

 

夏の新たな習慣として『お盆玉』というものが認知されてきています。

お年玉のお盆ver.ですね!

子どもたちにとっては嬉しい習慣ですが、

大人たちはお盆玉を恐れているようですね。

ネット上では『お盆玉て何?怖い...』

と震えている様子が伝わってきます(笑)

渡す側にとっては恐ろしい風習です...

今回はそんなお盆玉がいつから始まってしまったのかや

相場はどれくらいなのかについてです!

 

Sponsored Links

お盆玉の由来は?発祥の地と時期について

 

『お盆玉』発祥の地は、江戸時代の東北・山形県の一部の地域であった

『お盆お小遣い』という風習が始まりだったそうです。

ただ、この時は衣服や履物といったものを奉公人に渡していたそうです。

そして昭和初期になると、子どもにお小遣いをあげる風習へと変化したのです。

これが現在の『お盆玉』の形ですね!

その後2010年、山梨県の紙製品のメーカー、

株式会社マルアイがこの風習に目をつけました。

ポチ袋の新しい需要喚起のために『お盆玉』という造語を商標登録の上、

『お盆玉袋』の販売を始めました。

2014年の7月には全国の郵便局で『お盆玉袋』が売られるようになり、

たくさんの人が目にする機会も増えたため、普及してきました。

 

という流れになっています!

江戸時代からあった風習だったとは...

元は意外と古い習慣なんですね!

それに注目した株式会社マルアイがすごいですね!

大人の皆さま、マルアイを責めないようにしましょう(笑)

 

 

お盆玉の金額の相場や目安は??

 

恐怖の相場ですが、

お年玉でもその家庭それぞれで結構曖昧だったりしますので

そこまで定着していないお盆玉は、さらに曖昧なのが現状です。

『お年玉と同じくらい』という家庭もあるとは思いますが

『お年玉より少なめ』というのが今のところ主流になっているようです。

または、お金ではなく『物』をあげるというご家庭もあるようです。

 

一応目安を載せておきます!

 

【お盆玉の目安】

小学生以下・・・約1,000円

小学生・・・約3,000円

中学生・・・約3,000円~5,000円

高校生以上・・・約5,000円~10,000円

 

Sponsored Links

大人に朗報!?生身玉(いきみたま)とは!??

 

山梨県では『生身玉(いきみたま)』という子から生きている親、祖父母に

長寿を願って物やお金を贈る風習があるんだそうです!

元は7月15日に行われていた行事で生きている親へ生肴を贈る習慣だったそうです。

江戸時代にはかなり普及していた行事だったようです。

こちらの風習も普及してもらいたいものですね(笑)

 

Sponsored Links

 - お役立ち情報, イベント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

年末の過ごし方,お勧めイベント!年越しそばや除夜の鐘の意味は?

  皆さんは年末年始は毎年どのように過ごしていますか? 三が日がお休み …

映画【バードマン】韓国もキムチ臭い気にする!英語頑張ろう日本!

  2015年2月22日(現地時間)に行われた第87回アカデミー賞授賞 …

ワキガ治療手術や再発率に料金、対策!子供のワキガの原因は?

    薄着になる季節が近づくと気になるものの一つにワキ汗や …

結納に必要なのものや段取り!費用の相場はいくら?

  お二人の結婚が決まり、結婚式をどうするかなど決めることはたくさんあ …

足立の花火2016!日程おすすめ穴場スポットやトイレは?

  今年も花火の季節がやってまいりました! 今回は『第38回足立の花火 …

結納の意味や略式正式の違い!結納しない・するのメリットは?

  晴れて婚約が決まった二人も、結婚式までの準備期間には様々な準備があ …

びわ湖花火大会の見どころは?穴場スポットと交通規制!

    毎年大人気の琵琶湖の花火大会! 正式名称は大津びわ湖 …

テラスハウス秋に新シーズン!Netflixの利点とHuluの違いは?

  人気番組『テラスハウス』の続編が決定とそれが 2015年秋に日本に …

顔合わせの服装や座り方,手土産!食事会費用や話題は?

  ご結婚がお決まりのみなさん、幸せの絶頂でもありますが、これから結婚 …

七五三て何する日?男女で違う理由や由来、当日の過ごし方!

  「七五三」と聞くと、3歳・5歳・7歳になるとお祝いするという、漠然 …